My Space

大学生が日々思うことを書き連ねる。音楽系が多いかも

【今日のシングル】No Buses -『 Untouchable You』(2019)

今年の邦楽(といっていいのか)じゃ個人的にナンバーワン。

 

 

Boys Loved Her

Boys Loved Her

 

 

 

前の記事でついに俺たちの世代のロックンロールバンド登場だぜって騒いだけど日本にもとんでもないロックンロールバンドが出てきたのはまだあまり知られてないんだよね。

 

それがこのバンドNo Buses

 

まだメンバー全員大学生なんだけどもう1stアルバムを出してるんだよね。

 

僕はロックのサブジャンルでいえばガレージロックが一番好きで2000年代のリバイバルの時期に好きなバンドが多いんだけど、ついに日本にもそのガレージロックリバイバルの影響を受けたバンドが飛び出しました!

 

いやまあ別に前からいたけどガレージロックリバイバルっぽいロックバンドは。

 

でも他のバンドとNo Busesは圧倒的に違う!

 

とりあえず何曲か聴いていこう

 


No Buses - Pretty Old Man (Official Video)

 

 


No Buses - Girl (Official Video)

 

 


No Buses - Cut My Nails (Official Video)

 

 

ね?全然違うでしょ。今までの日本のロックバンドと。

 

ストロークスみたいにメロを重視したガレージロックなんだけどなんだか日本的にも感じる要素があるよね。『Girl』とかサビらしいサビはなくて洋楽ぽいっちゃ洋楽ぽいんだけど洋楽にはない感じもあるよね?

 

例えるとしたらナヨっとした文系ストロークスという感じ(ストロークスのメンバーも文系だと思うけど)?

 

ジュリアンやアレックスからは出てこなさそうだよねこういう曲は。

 

なんで疑問形かっていうと正直言葉では説明できないからなんだけど感じてほしいんだよね、洋楽みたいだけど洋楽じゃないこの感じ。

 

で、今まで上に貼った楽曲はアルバムリリース前にでた曲なんだけど、9月にアルバム出すよーていってyoutubeに挙げられた曲がこの2曲だ。

 


No Buses - Ill Humor (Official Video)

 


No Buses - Untouchable You (Official Video)

 

 

この2曲の中で僕が大感激した曲が今回タイトルにもある通り『Untouchable You』だ。

 

多分1回目聴いただけじゃ『Ill Humor』の方が好きそうな人多そうだし俺もめちゃくちゃ好きだよ。実際再生回数もそっちの方が3倍くらい多いし。

 

けどね、僕はね、『Ill Humor』じゃなくて『Untouchable You』に日本のロックの未来を感じたのよ。

 

一言でいうとアンニュイな感じな曲なんだけどイントロからのギターでしびれないロックファンいる?

 

PVの雑さも相まってノスタルジックな感情が僕たちを襲ってくるよね。

 

緻密では無いかもしれないし、かっこよくもないかもしれない。

 

けど、僕たちの心に訴えてくるもの、それこそがこの曲の全てといっても過言ではない。

 

ロックの初期衝動といったものとは少し違うけど、僕たちの、いや僕の求めていた日本のガレージロックリバイバルというものがこれに表れているような気がしてならないんだよ。

 

もう言葉にできなさ過ぎて自分がなに言いたいかわからないけどわかってくれよな。

 

初めてロックにぶちのめされた日を思い出してくれ。

 

まるで、その時を遠くから見ているようなそんな感じなんだよ!

 

もうギターソロで涙腺がうるうるしてくる。

 

何でこの曲のYouTubeの再生回数が約6万くらいなのかがわけわからない。

 

こんな素晴らしい曲を、バンドを放っておくなんてそんなこと出来ないよほんと。

 

アルバムの感想もまた書くと思うけど多分今年一待ちに待ったアルバムだと思う。

 

水曜日の0時になった瞬間にSpotifyで聴いたもん。そんときはCD手元に無かったからね。

 

 

ガレージロックリバイバルのファンは必見ですよNo Buses。